渡谷圭子 日本画作品展『祇園祭によせて』 [2023.7/14・15・16 開催!]

渡谷圭子 日本画作品展『祇園祭によせて』

2023.①7月14日(金)・15日(土/宵々山)・16日(日/宵山)
13:00〜20:00(入場無料)[最終日は19:00まで]

日本画作家・渡谷圭子氏の展示会を開催いたします!

今回の作品展は、古典作品の模写や二次創作を中心に、祇園祭に合わせたクラシカルな雰囲気の作品を展示いたします。
屏風祭りに合わせた、屏風の展示もございます。

渡谷氏が模写を学ばれたきっかけは、「絶対に手に入らない名作も、自分で描けば自分のものになる」というものでした。
でも実際描いてみると、出来上がるのは名作とはかけ離れたものばかり……それならば、名作そのものを再現するのではなく、その作品の中の「自分が心惹かれるもの」を、自分の技量の範疇で作品に落とし込んでみよう、、古典作品へのリスペクトとそのような想いを背景に制作に取り組まれています。

渡谷氏は以下のように述べられています。

『古典作品を自己流に再構築した作品は、ともすれば表面的で的外れなものになってしまうかもしれません。それでも、自分の中の「好き」を再確認しながら進める作業は、苦しい中にもワクワクするような楽しさがあります。そんな気持ちを少しでも共有していただけたら嬉しいです。』

当館周辺には多くの山鉾が出ます。
宵山を楽しみ、京町家でひと涼み、素敵な作品の数々を、
緩やかな時間が流れる静かな京町家で、是非ごゆっくりとお楽しみください。

プロフィール 渡谷圭子(WATADANI KEIKO)

1965年 静岡県生
2011年 京都市立芸術大学 日本画専攻卒業
2013年 作品展(京町家ぎゃらりぃ董)
2018年 作品展(アートスペース・メイセイ)
2020年 作品展(アートスペース・メイセイ)


盛安寺障壁画より「雀と朝顔図」

宋元画より「すずめ」

お問い合わせ:京町家ぎゃらりぃ 董   075-361-5717

#渡谷圭子
#日本画
#日本画作品展
#祇園祭
#屏風祭

#明治
#大正
#昭和初期
#江戸末期

#京町家ぎゃらりぃ董
#暮らしの文化展示館Japan
#京町家
#個別指定京町家

#貸しギャラリー
#貸しスペース
#京都のイベント
#京都の展示会

#アンティーク
#骨董
#町家暮らし
#古いものが好き
#古いものと暮らす
#古道具のある暮らし

#ハンドメイド
#作家もの
#作家繋がり

■お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

    おすすめ記事

    1. アンティーク・古物 蔵出し一掃バンバラバンSALE!!!
    2. ガラス工芸教室「砂の詩」教室作品展 〜硝子・人・結び〜 [ 11…
    3. 2018 銘仙の着物展 100年の輝き [10/26.27.28…
    4. 大特価!秋晴れセール!! [11/9〜13開催!]

    関連記事

    1. 朧-OBORO-柔らかな町屋の灯に照らされて
    2. NHK京都文化センター 「茶杓教室作品展」
    3. 『昔の文様を愉しむ漆器展』
    4. 5日間限定☆最終☆ねこそぎセール!!
    5. 2019 銘仙の着物展 100年の輝き[10/11〜14開催!]…
    6. 渡谷 圭子 作品展
    7. 11/3(木)〜7(月)
      備前焼 佐藤和久 作陶展
    8. 董 企画 『唐草の器展』

    最近の記事

    アーカイブ

    貸しギャラリーについて

    PAGE TOP