朧-OBORO-柔らかな町屋の灯に照らされて

-OBORO-柔らかな町屋の灯に照らされて

京都の昔ながらの町屋を舞台に新鋭の若手作家(日本画・切絵・書・イラスト)による四人展。町屋特有の柔らかな照明に浮かび上がる作品達は、まさに本展覧会のタイトル“朧”そのもの。ジャンルを越えて集う若手4名の渾身の個性を、町屋の灯が優しく包みます。

展示作家
■日本画家:小幡友貴 ■書家:田面遥華 ■切り絵作家:満田享 ■イラストレーター:もんちほし

おすすめ記事

  1. 大特価!秋晴れセール!! [11/9〜13開催!]
  2. ガラス工芸教室「砂の詩」教室作品展 〜硝子・人・結び〜 [ 11…
  3. 2018 銘仙の着物展 100年の輝き [10/26.27.28…

関連記事

  1. 『昔の文様を愉しむ漆器展』
  2. 董コレクション 秋の古陶磁展
  3. 見世の間企画展『大正・昭和初期のガラス- 100年の輝き-』
  4. 董 企画展 『骨董と暮らす~夏~』
    藍のうつわ百花選
  5. ☆夏のお楽しみセール☆ [①7/14~17 ②7/26〜29 2…
  6. 大前壽生 イラスト展 『 ひ さ お 』
  7. 董 企画展『衣ひめ-KINUHIME』
    ~春・夏コレクショ…
  8. 衣でたち 和を感じる装い・きものリメイク展

最近の記事

アーカイブ

貸しギャラリーについて

PAGE TOP