見世の間企画展『大正・昭和初期のガラス- 100年の輝き-』

見世の間企画展『大正・昭和初期のガラス- 100年の輝き-』

京町家ぎゃらりぃ董 初秋の展示会のご案内です♪♪♪

■京町家ぎゃらりぃ董 見世の間企画展(2015.初秋)
『大正・昭和初期のガラス- 100年の輝き-』
2015.9月5日(土)〜13(日)
11:00〜18:00(入場無料) 

1830年代から1940年代まで、ウランガラスは大量に製造されました。

偶然にも紫外線にあたると、その色は美しく変化する事を知り、以後、増産されていきました。
今展示会では、ブラックライトに当てて、緑色の発色をご覧いただけます。
魅力的なウランガラスと更紗古布とのテーブルコーディネート。 その美しいコラボレーションをお楽しみください♪♪♪
皆様のお越しをお待ちしております♪
お気軽におたちよりくださいませ☆

関連記事

  1. 董企画 昔の文様を楽しむ 襦袢・羽裏・帯展
  2. 祇園祭『京町家でひと涼み』ー蝉の会 川柳展ー
  3. NHK京都文化センター 「茶杓教室作品展」
  4. 景観・まちづくり大学 京町家再生セミナー
    『 町家をもっ…
  5. 掌展ーたなごころー
  6. 店主のきまぐれ販売会
  7. 京町家で和み展
    〜ゆっくりはんなりハンドメイド〜
  8. 「そうだ 京都、行こう。」
    エクスプレスカードご招待イベン…

最近の記事

アーカイブ

貸しギャラリーについて

PAGE TOP